ダニに刺された後も”口”が残ってる!?知っておきたい豆知識

ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固めるという特性があります。

これを無理に取り外そうとすると、刺された後に食い込んだ口だけが残る可能性があります。

こうなると、除去が困難となるだけでなく、マダニの体液を介して病原菌などが侵入する恐れがあるため、注意しなければなりません。

マダニに刺された場合は、無理に引き抜かず、そのまま病院で診察してもらった方が良いでしょう。

一応、ピンセットなどを使えば、自分で引き抜くこともできなくはありませんが、やはり感染症などのリスクを考えるのであれば、自分で取り除くことに成功した場合でも、念のために病院で診てもらう必要があります。

また、マダニは自然の豊富な場所に生息しているため、このような場所に入る場合は、肌の露出を少なくし、虫よけスプレーなどを利用して刺される確率を下げることが推奨されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…

関連リンク

  • ドライバー派遣

    ドライバー派遣の求人情報ならドライバー派遣ドットコム。ドライバー専門求人サイトだからこその質と量。こだわり条件検索であなたにぴったりのお仕事が見つかります。まずはチェックしてみてください。

    www.driver-haken.com/

PAGE TOP