自分でとっても大丈夫?マダニに噛まれた後の正しい除去方法

マダニに噛まれたときには、可能であればすぐに病院に行って適切な処置を受けるのが最も推奨されている方法です。

マダニは、自分でとることもできますが、コツがあって口の部分が残ってしまうと、そのまま血を吸われ続けてしまうので注意しましょう。

急患でも処置をしてくれるクリニックはありますが、応急処置をする必要があるなら薬局などで販売されているワセリンをマダニの上から覆うように塗ります。

そうすると、マダニは窒息死するのでそれ以上血を吸われることはなくなるので便利な方法です。

しかし、その後は適切な処置をしてもらいたいのでクリニックに行って、しっかりと除去してもらうのが最適で最善な方法といえるでしょう。

ワセリンは、薬局などで売っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  5. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…

関連リンク

  • 表参道 歯医者

    表参道の歯医者はニノデンタルオフィス。歯本来の機能の向上回復を目指した治療をおこなっています。むやみに歯を削るなど身体に負担をかけることはせず、お顔との調和を考慮し治療をおこなっています。

    www.ninodental.com/

PAGE TOP