日光でダニが死ぬのは嘘!?天日干しの新事実とは?

お布団は天気の良い日に天日干しした方が良いと言われています。

この理由について、日光によってダニが死滅するためと思っている人が多いようですが、これは正しくありません。

まず、ダニは摂氏50℃以上にならないと死にません。

そして、布団などを天日干しをすると、日光が当たる面と当たらない内側の面ができます。

夏は布団の表面が50℃以上になることもありますが、日光が当たる側にいたダニは、内側や布団の中に移動するだけです。

したがって、天日干しを開始してある程度時間が経過したら、ちゃんと干す面を変える必要があります。

冬になると昼間でも気温が低くなるため、天日干しの効果は低下します。

布団をたたくとダニアレルゲンが増えてしまうため逆効果です。

たたくよりも天日干しの後に掃除機をかけることである程度の数を減らし、定期的にかけることでダニが増えるスピードを抑制することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  2. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  3. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  4. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  5. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…

関連リンク

  • ドライバー転職

    転職をお考えの方。ドライバーの求人探しならドライバー転職ドットコム。ドライバーのお仕事に特化した求人サイトなので、大手求人サイトでは見つからない質の高い情報を多数紹介しています。是非チェックしてみてください。

    www.driver-tenshoku.com/

PAGE TOP