ダニの死骸とフンの対処方法!アイテム別に紹介します!

ダニの死骸とフンの対処方法は、丸洗いできる布団やクッションやシーツなどは、丸洗いすることですっきりと奇麗になります。

その際は、必ず最後まで乾かして乾燥させた状態にしてから使いましょう。

再度ダニの温床にならないために、ダニの嫌いな香りのするスプレーをして乾かしてから使うのが、効果器です。

洗えないマットレスなどは、徹底的に布団乾燥機でダニを殺してから掃除機をかけます。

布団用の掃除機のヘッドが販売されていますので、それを使うと効率が良いです。

その際、掃除機の廃棄から死骸やダニが出ないように、本体を外においてやるか紙パックを、不織布などを使って外に出にくいものでできているタイプを使うのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  4. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  5. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…

関連リンク

  • 小倉北区 保育園

    小倉北区で大切なお子さんを育てるなら、湯川こいこい保育園をご利用ください。様々な人とのかかわりの中で、愛情や友情、相手を思いやる気持ちを学び、仲間や自分自身を大切に出来るこどもを育てます。やさしい心を育む教育をその身で感じてみませんか?

    www.koikoihoikuen.com/

PAGE TOP