チリダニの特徴は?生息場所や餌を調べてみた!

屋内を生息場所とするダニは数種類いますが、そのうち最も個体数が多いとされているのが、チリダニです。

体長は0.2mmから0.8mm程度で肉眼ではほとんど見ることができませんが、家具のすき間やカーペットの裏側、寝具の中などさまざまな場所で繁殖します。

人のフケや垢、汗などが主な餌となります。

チリダニの大きな特徴は、人を刺すことはないということです。

しかし、だからといって被害を及ぼさないというわけではなく、死骸や糞などが空中に舞い上がり、人がそれを吸い込むと喘息やアレルギー性鼻炎などの症状を引き起こすことがあります。

もう1つの特徴は、ほぼ1年中生息しているということです。

特に温度が摂氏20度から30度、湿度が60%から80%ぐらいの環境を好みます。

ただし熱には弱いので、布団から駆除するには天日干しなどが有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  3. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  4. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  5. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
PAGE TOP