イエダニの特徴は?生息場所や餌を調べてみた!

ダニには数多くの種類がいますが、「イエダニ」もその一つで特徴はネズミや哺乳類の血液を餌としており、ネズミや鳥に寄生する吸血性のダニです。

ダニの中でも比較的大きいために、肉眼でもはっきりとその姿をとらえることができます。

通常は体全体が白っぽい色をしていますが、血を吸った後には赤黒い色になっています。

夜間に活動することが多いため、人間の場合には就寝中に狙われることになるでしょう。

刺されてしまうと一週間以上にわたって痒みや痛みが続き、患部も水ぶくれのような状態になります。

基本的にはイエダニは、ネズミや鳥の巣を切っても切れない関係であるため、生息の根源となる「巣」が自宅近くになければ発症することはありませんが、庭先などで巣を見つけた時には早めに排除しておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  5. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
PAGE TOP