イエダニがもたらす健康被害とは?知っておくべき豆知識

イエダニは、ネズミに寄生していて吸血をしているダニの一種です。

ここで問題になるのが、寄生しているネズミが亡くなったときになります。

寄生していたネズミがなくなると、新たな場所を求めて人の血を吸血することもあります。

このことが原因で、皮膚炎を発症することもあるので注意しましょう。

特にイエダニで注意が必要な健康被害が、感染症を媒介する恐れがあるという点です。

感染症を発症すると、治すのにお金も時間もかかります。

そこでイエダニ対策として、部屋全体の駆除などを行うことが大切です。

ネズミに寄生するダニだからこそ、ネズミの駆除にも気を使うことも忘れてはいけません。

駆除後は掃除機をかけて死骸やフンなどをとりのぞくことも必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  3. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
PAGE TOP