イエダニに刺された時の症状は?しっかり見分けて正しく治療しよう!

イエダニは主としてネズミに寄生するダニですが、人間の身体に取り付いて血を吸うこともあります。

昔は住宅の中にネズミがひそんでいることが珍しくなかったので、家の中にいるダニの総称としてこの名が使われたこともあります。

一般に、ダニに刺された時の症状としてよく起こるのは患部のかゆみや痛みなどですが、イエダニの場合も同様です。

ただし、症状のあらわれ方には個人差があるので、同じ家に住む者同士でも症状が異なることがあります。

家の中に生息するダニといえばツメダニという種類もポピュラーですが、刺された痕を比べてみると、ツメダニは全体が赤く腫れるのに対して、イエダニの方は中央に水疱やしこりを伴うことが多いのが特徴です。

また、寒さにも比較的強いので冬場に症状が出た時はイエダニの可能性が高いと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  4. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  5. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
PAGE TOP