生態から見る。イエダニを発生させない環境づくりとは?

イエダニは小さな虫ですが、アレルギーを起こすなど健康に悪い影響をもたらすこともあります。

それゆえ発生しないよう環境を整えておく必要があります。

カーペットや畳にはイエダニが繁殖しやすくなっていますので、掃除をまめに行うことも大事です。

吸引力の優れた掃除機で丁寧に吸い取りましょう。

寝具にも発生しやすいので、布団用のヘッドを用意することもおすすめです。

シーツや枕カバーなどもこまめに洗濯することがおすすめです。

そして、布団も丸洗いができるものであれば、定期的に洗濯すると良いでしょう。

コインランドリーの大きな乾燥機なら布団や毛布も乾燥できますし、高熱なのでダニの退治にも役立ちます。

布団を干すことが難しい場合は布団乾燥機のダニ退治機能も活用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  4. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  5. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…

関連リンク

  • 国際結婚 安心

    安心できる、不安にならない国際結婚は日本国際結婚協会をご利用ください。外国人会員は日本人女性とは 異なり経済格差を考慮してでも、日本人男性と結婚したい、日本に住みたい、という気持ちを持っています。彼女達の強い決心と覚悟を受け止めてください。

    ji-marriage-a.or.jp/

PAGE TOP