ダニは目視できる?見えるダニの正体とは?

ダニは人間ばかりでなくペットにも被害を及ぼすやっかいな害虫ですが、駆除するのはなかなか大変です。

というのも、目視することができないくらい小さなサイズのものがほとんどだからです。

家の中にひそむダニは全部で4種類ぐらいいますが、いずれも体長は1mm以下です。

そのため、肉眼ではまず見えません。

家具の隙間やカーペットの裏などに見える虫がいた場合、その正体はノミや南京虫など別のものである可能性が高いです。

ただし、ダニの中でもマダニと呼ばれる種類のものは3mmから8mm程度と比較的大きく、さらに血を吸うと身体が膨れ上がるため、肉眼でも見えることがあります。

マダニは通常は屋外に生息していますが、農作業や庭いじりなどの最中に身体に付着することがあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  2. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  5. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
PAGE TOP