ダニは目視できる?見えるダニの正体とは?

ダニは人間ばかりでなくペットにも被害を及ぼすやっかいな害虫ですが、駆除するのはなかなか大変です。

というのも、目視することができないくらい小さなサイズのものがほとんどだからです。

家の中にひそむダニは全部で4種類ぐらいいますが、いずれも体長は1mm以下です。

そのため、肉眼ではまず見えません。

家具の隙間やカーペットの裏などに見える虫がいた場合、その正体はノミや南京虫など別のものである可能性が高いです。

ただし、ダニの中でもマダニと呼ばれる種類のものは3mmから8mm程度と比較的大きく、さらに血を吸うと身体が膨れ上がるため、肉眼でも見えることがあります。

マダニは通常は屋外に生息していますが、農作業や庭いじりなどの最中に身体に付着することがあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  5. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
PAGE TOP