コナダニは畳でも繁殖する!?その原因&対策を教えます!

コナダニの特徴の1つが、梅雨や秋口などに増殖するダニの一種であるという点です。

高温多湿の環境を好むだけでなはく、繁殖力が極めて高いという特徴があげられます。

特に高温多湿の環境の畳や食品の中で繁殖することもあるので注意しましょう。

またコナダニ自体が人を刺すことはないものの、大量発生するとコナダニを捕食するツメダニが増えて人体にも被害が出ることもあります。

実際にコナダニの発生を防ぐために大切な点の1つが、湿度を下げるという点です。

畳の部屋や食品置き場の湿度に気を使って、ダニが繁殖しにくい環境を作っていきましょう。

死骸などが畳にある可能性もあるので、こまめに掃除を行うことも大切なポイントの1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  4. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  5. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
PAGE TOP