衣替えはダニに要注意!服の収納はこうやって対策!

衣替えに注意しなければ、収納している間にダニが増えてしまう可能性もあります。

実際に衣替えをするときに、服はすべて洗濯が完了していますか?1回着用しただけなので、汚れてないから問題ないと判断してしまう方もいるでしょう。

しかし1度でも着用したのであれば、汗や皮脂などがついているのでダニの餌を用意した状態の服をしまうことになります。

繁殖を防ぐためにも、衣替え前にすべての洋服を選択しておくことが大切です。

また衣装ケースやタンスの中にもダニが潜んでいる可能性があります。

そこで収納する前に、衣装ケースやタンスの掃除を行っておくことも必要です。

掃除機で吸った後にタオルや雑巾などで汚れを拭きとることで繁殖を防ぐことにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…

関連リンク

  • 国際結婚 安心

    安心できる、不安にならない国際結婚は日本国際結婚協会をご利用ください。外国人会員は日本人女性とは 異なり経済格差を考慮してでも、日本人男性と結婚したい、日本に住みたい、という気持ちを持っています。彼女達の強い決心と覚悟を受け止めてください。

    ji-marriage-a.or.jp/

PAGE TOP