衣類についたダニはどうする?今からできる対策方法とは!

衣類についたダニを駆除したいという場合には、洗濯の仕方を工夫するのも1つの手です。

そもそもダニは、温度50度以上の環境に10分間以上いることで死滅します。

そのため真夏の車の中などの高温の空間に置いておく、もしくは熱湯でつけおきするなどの対策も有効です。

熱湯につけおく場合には、縮んだりする可能性がない衣類かどうか表示を確認するようにしましょう。

高温で死滅することから、アイロンがけを行って対策を行うことも可能です。

縮んでしまう可能性がある衣類なのであれば、クリーニングに出すことも大切です。

クリーニングできれいな状態を保つことで、衣類のダニの繁殖を防ぐことが可能です。

布団乾燥機を使ってダニが死滅する温度環境を作ることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  4. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  5. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
PAGE TOP