布団を叩くのは大間違い!?ダニ対策の新事実とは?

天気のいい日に布団を干して思いっ切り叩く。

なんてことをしていませんか?
たくさん叩いて、ダニを落としているつもりになってしまいがちなこの行為。

実はこれ、逆効果なんです。

布団の中にいたダニは、その衝撃で驚き奥深い場所に隠れてしまいます。

死骸やフンはどうかといえば、布団の中にあるものすべてを叩き落とすことは不可能です。

叩いたことで細かくなった死骸やフンは、中に残ったままです。

こうして小さくなったことで、より浮遊し易くなったダニの死骸やフンを吸いこんでしまう結果に。

残念ながら布団を叩いてダニ退治は出来ません。

陽の匂いをたっぷりとため込んだ布団で眠るのは気持ちいいものですが、ダニ対策という観点からはこの方法は避けた方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  3. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  4. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  5. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
PAGE TOP