小麦粉の中で”何か”がモゾモゾ…。この正体はダニだった!?

小麦粉を使おうと思ったとき、袋の中が何故か動いている気がして確認してみると虫がいたという体験をしたことがある人は少なくないはずです。

開封した小麦粉を冷蔵庫などに入れず保管しておくと、袋の隙間から侵入したダニが袋の中で繁殖している可能性があります。

ジップロックタイプの小麦粉でもジップ部分に小麦粉が挟まって隙間が生じ、そこからダニが侵入することがあるので注意してください。

開封済みのものは早く使い切ることがおすすめですが、1度開封してしまったのであればダニ対策のためにもしっかりと口を閉じて冷蔵庫で保管することがおすすめです。

小麦粉の中で何かがモゾモゾしているときはダニの可能性が高いので、このようなトラブルが起こらないように保管方法に注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  5. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
PAGE TOP