小麦粉の中で”何か”がモゾモゾ…。この正体はダニだった!?

小麦粉を使おうと思ったとき、袋の中が何故か動いている気がして確認してみると虫がいたという体験をしたことがある人は少なくないはずです。

開封した小麦粉を冷蔵庫などに入れず保管しておくと、袋の隙間から侵入したダニが袋の中で繁殖している可能性があります。

ジップロックタイプの小麦粉でもジップ部分に小麦粉が挟まって隙間が生じ、そこからダニが侵入することがあるので注意してください。

開封済みのものは早く使い切ることがおすすめですが、1度開封してしまったのであればダニ対策のためにもしっかりと口を閉じて冷蔵庫で保管することがおすすめです。

小麦粉の中で何かがモゾモゾしているときはダニの可能性が高いので、このようなトラブルが起こらないように保管方法に注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  4. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  5. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
PAGE TOP