コナダニはどこが好き?繁殖しやすい場所と正しい見分け方

小麦粉等の粉物に発生しやすいコナダニ。

梅雨時や秋口のような比較的湿度の高い環境で繁殖しやすく、低温にも強いダニになります。

繁殖しやすいのは小麦粉や強力粉等の粉物以外というイメージですが、鰹節やチョコレート、チーズ等様々なものに繁殖する可能性があります。

他のダニと違ってコナダニは食品に発生するというのが特徴。

通常はカーペット等の繊維に発生するため、繁殖場所で区別することができます。

コナダニは湿度が高い方が活発になるため、湿度が低い状態に保つことが必要です。

粉物は常温保存しがちですが、きちんと封をした上で冷蔵庫で保存するのが重要です。

特にお好み焼き粉やたこ焼き粉のようなものはコナダニにとっては格好の餌場。

保存管理を徹底するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  4. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  5. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
PAGE TOP