きれいに見えるカーテン、ダニの温床って知っていますか?

ダニはカーペットや布団にだけ発生するものではありません。

きれいに見えるカーテンも、実はダニの温床になっている場合があるのです。

カーテンは非常に範囲が広く、床ほどこまめに掃除をしないため、ホコリが溜まりダニが発生しやすい状態となっていることが少なくありません。

窓をあけていると、風に吹かれたホコリやダニが室内に散らばっている可能性もあるのです。

長いカーテンの場合、下側に湿気がたまりカビが発生してしまうこともあります。

気温が低い季節には窓の結露がカーテンに染み込み、不衛生な状態となってしまうこともあるでしょう。

ダニを発生させないためには、こまめにカーテンのホコリを取り除いたり、洗濯をしてしっかり乾燥させる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
PAGE TOP