カブトムシにまとわりつく大量のダニ!対策するカギは「マット」にあった!

夏の昆虫と言えば、小さい子から大人までを夢中にさせてくれるカブトムシ。

どっしりとしたフォルムとつややかな体、オスの大きな角の迫力は魅力的です。

そんなカブトムシですが、お腹を見てみると、ダニがついている時があります。

自然についてしまう事が多いようですので、歯ブラシなどを使って取り除いてあげましょう。

とはいえ、ダニがこれ以上発生しないようにしたいので、まずマットを換えるという事がおすすめです。

カブトムシマットは腐葉土のものを使用しているご家庭も多いです。

ダニよけのためには針葉樹が入っているマットに変えると効果があるようです。

また、ダニよけシートなどを併用することで、少しでも再付着をさける様にしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  5. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…

関連リンク

  • 海外調査

    Cintは最も重要なビジネス戦略を迅速かつ効率的に実現するために必要なソリューションを提供し、あなたをイノベーションとパフォーマンスの最前線に立たせます。海外調査と結果に伴うビジネスのやり方をCintで変革してみませんか?

    jp.cint.com/

PAGE TOP