正しい対処方法は?ダニに噛まれた後にとるべき行動

ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合もあります。

そのためダニに噛まれた後は、掻かないようにして早く痒みへの対策が必要です。

刺された部分を強く掻くと、傷口から細菌が入り繁殖してしまうととびひを起こす可能性があります。

またダニに噛まれた後はアレルギー症状でもあるので、免疫機能をコントロールするステロイドは効果が期待できます。

早めにステロイド系の虫刺されの塗り薬を塗るようにします。

蚊など虫刺されに対応している塗り薬は、痒みを抑えるヒスタミン成分が配合されているので、ダニに噛まれた後には効果が期待できませんが、ステロイド系の虫刺されの塗り薬は、ダニによる痒みを緩和することが出来ます。

ステロイド系の塗り薬でも変化がない場合には、掻かずに早めに皮膚科を受診するようにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
PAGE TOP