正しい対処方法は?ダニに刺された跡をキレイに治す方法

こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには「ダニ」に刺されてしまうことがあるかもしれません。

ダニに刺されると皮膚が赤く腫れあがり痒みを感じることになるのですが、かゆみに耐えられずに掻きむしってしまうと跡に残ることもあるので注意しましょう。

ダニに刺された跡をキレイに治す方法は、刺された直後に適切な薬を皮膚に塗り込むことです。

病院で処方された薬でもよいのですが、ドラッグストアなどで購入することができる市販の塗り薬でも対応することができます。

副作用があるので使用法には十分な注意が必要となりますが、ステロイドが配合されているものを選ぶとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
PAGE TOP