マダニに噛まれたら”いつ”除去するべき?最適なタイミングとは!

マダニに噛まれたら、早急に処置をする必要があります。

マダニはすぐに慌てて取ろうとすると、口の部分が残って血を吸われ続けて重篤な少女になることがあるので、ピンセットを使って根元からしっかり除去をすることが重要です。

噛まれた後は、何も持っていなければ薬局でワセリンを買って上から覆うように塗ると、窒息死をするのでそれ以上の被害を抑えることができます。

マダニは、放置するとどんどん血を吸われて甚大な被害になることがありますので、なるべく早めに医療機関を受診してドクターの指示によって適切な処置を受けるのが重要です。

できなければ、ピンセットを使って自分で除去もできますが、残ってしまうと厄介なので注意します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  3. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  4. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  5. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…

関連リンク

  • 仏壇

    難しいお仏壇選びは、メモリアルアートの大野屋Web-shopにお任せ下さい。家族の絆(きずな)であり、ご先祖様への感謝のあらわれでもあるお仏壇選びはプロに相談を。家族の大切な絆を形に変え、天に届いた祈りは仏様を喜ばせ、愛と幸せを贈り返してくれます。

    www.ohnoya-webshop.com/

PAGE TOP