小麦粉の中で”何か”がモゾモゾ…。この正体はダニだった!?

小麦粉を使おうと思ったとき、袋の中が何故か動いている気がして確認してみると虫がいたという体験をしたことがある人は少なくないはずです。

開封した小麦粉を冷蔵庫などに入れず保管しておくと、袋の隙間から侵入したダニが袋の中で繁殖している可能性があります。

ジップロックタイプの小麦粉でもジップ部分に小麦粉が挟まって隙間が生じ、そこからダニが侵入することがあるので注意してください。

開封済みのものは早く使い切ることがおすすめですが、1度開封してしまったのであればダニ対策のためにもしっかりと口を閉じて冷蔵庫で保管することがおすすめです。

小麦粉の中で何かがモゾモゾしているときはダニの可能性が高いので、このようなトラブルが起こらないように保管方法に注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  4. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  5. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…

関連リンク

  • ガラスコーティング 北九州

    車を見るとき、真っ先に目が向くのはボディですよね。『G-POLISH JAPAN』の「ガラスコーティング」で魅力的な艶めく車体を手に入れませんか?G-POLISH JAPANは福岡にある専門店で、専用の施工ルームと熟練のスタッフの腕で、他社とは一味違う仕上がりへと整えてくれます!

    www.g-polishjapan.com/

PAGE TOP