食いついて取れない「マダニ」を、スムーズに除去する方法

マダニは、目で見えるのですぐにとろうとしても強力に食いついて取れないのが特徴の虫です。

無理に取ろうとすると、頭の部分が残ってしまって血を吸われ続けることになりますので、ピンセットで根元からしっかりと除去するのがポイントとなります。

応急処置は、ワセリンやそれに類似するものを持っていれば、ひとまずマダニの上から漫然なくワセリンを塗って患部を覆います。

そうすることで、マダニは窒息をするので息ができなくて死ぬので食いつきも少なくなるため、そのタイミングで除去するのも一つの方法です。

マダニは、無理に取ろうとしないことが重要ですので、刺されているのを見つけたら速やかに医療機関を受診して、とってもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  2. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  3. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…

関連リンク

  • 赤帽 鹿児島

    赤帽トップ運送は迅速・丁寧な対応がウリです!引っ越しや不用品処分など、人生の転機にぜひ。安心のサービスをお届けする、赤帽トップ運送にお任せください。

    www.akabou-top.com/

PAGE TOP