生態から見る。チリダニを発生させない環境づくりとは?

人を噛むことがないチリダニは、そのまま放置しておくとアレルギーの原因になるので迅速な対処をする必要があります。

まずチリダニが好む環境は高温多湿な室内で、発生させないようにするためにはこまめな換気が必要です。

さらにホコリやフケを餌にしているので、掃除をすることも大切です。

換気をしてホコリが溜まらないようにすれば自然と発生するおとはなくなりますが、これを実現させるのが難しいという場合は、エアコンのドライ機能か、または除湿剤を部屋に置いて湿気がこもり難いようにするのも効果的です。

チリダニは吸い込むと喘息や鼻炎などの病気の原因になるので、常にチリダニを発生させないような環境づくりを意識することようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  2. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  3. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
PAGE TOP