生態から見る。チリダニを発生させない環境づくりとは?

人を噛むことがないチリダニは、そのまま放置しておくとアレルギーの原因になるので迅速な対処をする必要があります。

まずチリダニが好む環境は高温多湿な室内で、発生させないようにするためにはこまめな換気が必要です。

さらにホコリやフケを餌にしているので、掃除をすることも大切です。

換気をしてホコリが溜まらないようにすれば自然と発生するおとはなくなりますが、これを実現させるのが難しいという場合は、エアコンのドライ機能か、または除湿剤を部屋に置いて湿気がこもり難いようにするのも効果的です。

チリダニは吸い込むと喘息や鼻炎などの病気の原因になるので、常にチリダニを発生させないような環境づくりを意識することようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
  4. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  5. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
PAGE TOP