お腹はダニに刺されやすい!刺された時の正しい対処方法とは?

実は身体の中でもお腹はダニに刺されやすいという傾向があります。

お腹がかゆいと感じる時や赤いブツブツができている時は、ダニに刺されたかもしれないと疑うようにしてください。

もし刺されてしまったのであれば、適切な方法で対処することが重要です。

ダニに刺されても掻いて放置してしまう人がいますが、掻くことによって傷ができ、そこから雑菌が侵入してしまう可能性がありますし、放置すると治りが遅くなる可能性があります。

ダニに刺されてしまった時、症状が軽いのであればかゆみ止めで対処することができますし、ブツブツや赤みがひどいのであればステロイド剤を用いるようにしてください。

また、再び刺されてしまうことがないように部屋のダニを駆除することも大切な対処方法だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  2. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  3. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…

関連リンク

  • 医院開業

    医院開業のご相談は、メディカル・イノベーション。去年の歯科診療所の倒産件数は過去最高、まだ”普通の開業”でいいのでしょうか?歯科業界で”勝ち抜く”ための医療開業セミナー実施。

    www.medicalinnovation.co.jp/

PAGE TOP