紙ダニが”本当のダニ”を増殖させる!?驚きの事実とは?

しばらく読んでいなかった本を本棚から取り出してみると、小さな虫がついていることに気が付きます。

それがいわゆる紙ダニと呼ばれるもので、正式にはチャタテムシといってホコリや人のフケを食べ暗いところに生息します。

ダニに間違われる見た目ですが、わざわざ駆除しなくても良いようにも見えます。

でもそのまま放っておくと、ツノダニという正真正銘のダニの繁殖に繋がります。

それは、紙ダニがツノダニにとって格好の餌だからです。

餌が増えれば、当然のことですがツノダニも大量に増えて、人に触れたら噛まれる可能性が高いです。

ですから、健康的な生活を送りたいならば紙ダニが繁殖しないように気をつける必要があります。

本の隙間にホコリが溜まらないようにこまめに掃除をしたり、暗いところに防虫剤を置いておくと寄り付かなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  5. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
PAGE TOP