原因不明の下痢。実はダニに刺されたことが原因かも!?

ダニに刺された時の症状と言えば、かゆみや痛み、皮膚の発疹などが代表的なものです。

しかし、時にはダニに刺されたことが原因で下痢を発症したりもします。

これは主として屋外の草むらなどにひそむマダニに刺された時に起こる症状で、散歩や畑仕事の最中などに刺されることもあれば、外から帰って来たペットを経由するすることもあります。

マダニはさまざまな感染症の媒介者となる可能性があるとして、その存在には注意が払われています。

中でも重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という感染症は、有効なワクチンや治療法がまだ確立されていない深刻な病気です。

この重症熱性血小板減少症候群における前駆症状の1つに数えられているのが、下痢や腹痛、食欲低下などの消化器症状です。

原因不明の下痢を発症した時は、すみやかに医師の診断を仰ぐのが賢明です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
PAGE TOP