お腹はダニに刺されやすい!刺された時の正しい対処方法とは?

実は身体の中でもお腹はダニに刺されやすいという傾向があります。

お腹がかゆいと感じる時や赤いブツブツができている時は、ダニに刺されたかもしれないと疑うようにしてください。

もし刺されてしまったのであれば、適切な方法で対処することが重要です。

ダニに刺されても掻いて放置してしまう人がいますが、掻くことによって傷ができ、そこから雑菌が侵入してしまう可能性がありますし、放置すると治りが遅くなる可能性があります。

ダニに刺されてしまった時、症状が軽いのであればかゆみ止めで対処することができますし、ブツブツや赤みがひどいのであればステロイド剤を用いるようにしてください。

また、再び刺されてしまうことがないように部屋のダニを駆除することも大切な対処方法だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  4. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  5. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…

関連リンク

  • Armonia

    ゆったりくつろげるソファーをお探しなら、どこよりもまず『Armonia』がオススメです。表面の肌触り、フレームの頑丈性、長く座っても疲れずへたれのできないクッションなど、徹底的にこだわって作られたソファーは、一度知ってしまえばもうこれ以外使えなくなる…!と大評判です!

    www.armonia.jp/

PAGE TOP