猫に寄生したダニが人にうつったら…どんな症状か調べてみた!

大事なペットである猫のダニ対策を行っているという飼い主の方も多くいるでしょう。

しかしペットの猫のダニ対策だけではなく、飼い主である自分自身のことも考えることを忘れてはいけません。

もしも猫に寄生したダニが人にうつったら、さまざまな症状がが出るケースも見られます。

例えばマダニが発生した場合、人も貧血や皮膚病などの被害を受けることもあります。

それだけではなく、ライム病や日本紅斑熱などの恐ろしい病気を媒介してしまうかもしれません。

最悪の場合には命に関わる病気を媒介することもあるので、しっかりとダニ対策を行うようにしましょう。

猫を守るだけではなく、自分自身を守るためにも対策は重要なポイントだという点を意識することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  2. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  3. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  4. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  5. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
PAGE TOP