実は個人差がある!?ダニに刺された人の症状の違いとは?

ダニに刺されてしまうと刺された箇所が赤く膨れ上がる、かゆみが出るなどの症状が一般的ですが、人によってはこうした肌の変化に加えて、下痢や嘔吐、鼻水が出たり、咳が止まらなくなるという症状を持ち合わせることもあります。

原因としては、アレルギー体質の個人差によるものが大きいと考えられており、ダニに対してアレルギーがある人は症状が重症化しやすくなります。

また、その時の体調などによっても症状が重く出ることがあるでしょう。

通常は「ダニに刺された」場合には、しばらく放置しておくことで症状がおさまっていく傾向がありますが、ダニアレルギーがある人は時間を追うごとにひどくなる可能性もありますので、その際は病院を受診することがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  4. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  5. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
PAGE TOP