ダニの温床になりがちな観葉植物。自分でできる方法で退治しよう!

実は観葉植物というのは、ダニの温床になりやすい場所の1つです。

葉の裏にハダニがつくことで、植物の栄養分を吸い取られて表面が白っぽくなってしまうかもしれません。

栄養分を吸い取られてしまうと、観葉植物が枯れてしまうこともあります。

ダニによる観葉植物の被害を防ぐために、水で流すのも1つの手です。

実はハダニは水に弱いので、ベランダや浴室などでシャワーをかけて洗い流すようにすることも可能です。

また個体数が少ないのであれば、粘着テープや布で拭くなどの方法で取り除くこともできます。

拭くときは植物の葉を傷つけないように注意しましょう。

ほかにも薬剤を散布することで、ハダニだけではなく観葉植物を害虫の被害から守ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  2. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  3. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  4. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  5. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
PAGE TOP