紙ダニって何?見分ける方法と正しい対策を教えます!

紙ダニと呼ばれるチャタテムシは、昆虫に分類されダニによく似ています。

室内によくいるヒョウダニとの見分ける方法としては、肉眼で見られるかどうかです。

ヒョウダニの場合は、0.2ミリから0.4ミリ程度の大きさのため顕微鏡でも使わなければ見ることができませんが、チャタテムシは1センチから1.3センチ程度はあるため肉眼で確認することが可能です。

対策方法としては、エサとなるカビを防ぐことです。

カビを死滅させるには、消毒用エタノールが有効ですが、生やさないようにすることも大切になります。

結露や湿気が多いとカビが生えやすいため、部屋の換気を行うようにしたり、段ボールは部屋に置いたままにせずにすぐに片付けることがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  5. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…

関連リンク

  • 非常用発電機 負荷運転

    非常用発電機負荷運転はTECにお任せください。従来とは異なり、小型軽量化した最新の負荷運転装置を使用し、オペレーターを含めた1~2名の人員と、2時間程度の作業時間による実施が可能です。

    tec-jp.com/

PAGE TOP