マダニの特徴は?生息場所や餌を調べてみた!

マダニは日本全国に生息しており、自然が豊かな環境を住みかとしています。

とは言え、市街地周辺であっても、自然の残っている場所では、畑やあぜ道などに出没することがあります。

このような事情から、日常生活では遭遇する機会は少ないと言えますが、アウトドア系のレジャーの際に被害を受けることがあります。

マダニは血液を餌としており、動物に寄生主の血を吸い続けます。

これはヒトも例外ではありませんし、ペットが被害を受けることもあります。

また、特にマダニ独自の特徴として、セメントのような物質を傷口に注入して体を固定させるというものがあります。

これを無理に取り除こうとすると、マダニの頭部だけが残って取り外しづらくなるうえ、マダニの体内の病原菌が寄生主に移ることもあるため、非常に危険です。

そのような場合は、そのまま病院に行くことが推奨されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  5. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
PAGE TOP