チリダニがもたらす健康被害とは?知っておくべき豆知識

チリダニは家の中に生息しており、人間の体に健康被害を及ぼすことが分かっています。

チリダニは、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、気管支喘息といったアレルギー性疾患の原因となるのです。

チリダニの糞や死骸が、アレルギー性疾患を引き起こすアレルゲンとなっています。

アレルゲンが体内に入ることでアレルギー症状が起こり、鼻水や鼻づまりの症状が出たり咳が止まらなくなってしまったりします。

アトピー性皮膚炎の場合には、皮膚に痒みが生じ炎症が起きてしまいます。

チリダニは高温多湿の環境を好み、日本の家屋には大抵生息していると言われています。

梅雨の時期などには大量発生することもあり、布団やカーペットなどの繊維を好みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  2. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  3. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
PAGE TOP