マダニに刺された時の症状は?しっかり見分けて正しく治療しよう!

ダニは家の中でなく屋外でも生息しており、人間やペットに被害を及ぼすことがあります。

その代表格と言えるのが、マダニです。

マダニは畑や山林などに棲むダニで、都市部の公園などでも繁殖します。

唾液に麻酔様の物質が含まれているので、刺された直後は何も症状が出ないことがありますが、その後はかゆみや灼熱感、軽い痛みなどがあらわれます。

刺されてから発症するまでの期間には個人差があり、2,3日程度のこともあれば、1週間ぐらいは何ともないこともあります。

マダニの被害で恐ろしいのは、日本紅斑熱やライム病などの感染症を媒介することです。

中でもSFTSという略称で呼ばれる重症熱性血小板減少症候群は、重症化すると死に至ることもある深刻な病気です。

38度以上の発熱や下痢、食欲低下などの症状が出たら注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  3. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
PAGE TOP