マダニに刺された時の症状は?しっかり見分けて正しく治療しよう!

ダニは家の中でなく屋外でも生息しており、人間やペットに被害を及ぼすことがあります。

その代表格と言えるのが、マダニです。

マダニは畑や山林などに棲むダニで、都市部の公園などでも繁殖します。

唾液に麻酔様の物質が含まれているので、刺された直後は何も症状が出ないことがありますが、その後はかゆみや灼熱感、軽い痛みなどがあらわれます。

刺されてから発症するまでの期間には個人差があり、2,3日程度のこともあれば、1週間ぐらいは何ともないこともあります。

マダニの被害で恐ろしいのは、日本紅斑熱やライム病などの感染症を媒介することです。

中でもSFTSという略称で呼ばれる重症熱性血小板減少症候群は、重症化すると死に至ることもある深刻な病気です。

38度以上の発熱や下痢、食欲低下などの症状が出たら注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  2. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  3. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
  4. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  5. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
PAGE TOP