ツメダニがもたらす健康被害とは?知っておくべき豆知識

ツメダニは人体に寄生するダニなので、ひとたび体についてしまうと直接的な健康被害が生じます。

基本的には自分より小型のダニを捕食するので、人の血は吸いません。

ところが人の皮膚に爪を立てて、体液をするので厄介な存在です。

体液を吸われた瞬間は特に何も感じません。

そのため気づかない方も多いのですが、異変を感じるのが時間が経ってからです。

数時間後、もしくは数日後に刺された場所が赤くはれたり、痒いが出てきます。

それが続くのが1週間程度ですから、つらい想いをしながら過ごすことになります。

健康被害を出さないよ言うに、多湿を避けるようにします。

乾燥させたり高温で殺菌するのが効率的で確実な方法です。

洗えないものなどは専用の道具やプロに依頼するのも1つの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  2. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  3. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
PAGE TOP