愛犬をマダニから守る!寄生しない習慣・環境づくりとは?

愛犬をマダニの被害から守るためには、飼い主が日頃から気を使うことが必要不可欠です。

マダニがいる時期に散歩に行って草むらなどに入ると、被害にあってしまう可能性も高くなります。

散歩で草むらなどに入った後には、異常がないか確認するなどの対策も必要です。

また散歩に行く機会が多い場合には、こまめにチェックするのが難しいということもあるでしょう。

そこで薬を利用することで、対策するのも1つの手です。

動物病院へ行くことで、食べるタイプのマダニ対策薬を処方してもらえます。

食べるタイプのものだけではなく、首の後ろなどに付ける外用薬を購入するのも1つの手です。

さらに室内の対策として、犬がよく寝ているマットなどはこまめに洗濯するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. いると思うだけでとにかく手っ取り早く手を打ちたいのがダニです。最近ではドラッグストアなどでも虫よ…
  2. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  3. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  4. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  5. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
PAGE TOP