ツメダニの寿命はどのくらい?繁殖時期・条件はある?

ダニの一種であるツメダニは、室内では比較的数が少ない種類として知られています。

しかし築後数年が経過した家屋や新しい畳などで、ヒョウヒダニやチャタテムシなどが大発生した場合、それらを捕食するツメダニが多くなることもあります。

寿命自体は数ヶ月と長くはないものの、人にも被害が出る可能性があるので注意しましょう。

またツメダニは人の吸血をすることはありませんが、夜間の就寝中にはい出てきて人を刺して唾液を入れたい液を吸います。

体液を吸われたとしてもすぐにかゆみや腫れは出ません。

ですが1~2日が経つと赤く腫れてかゆみが1週間ほど続くケースも見られます。

特に布団や畳に接している部分が刺されやすくなるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…
  3. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
PAGE TOP