食べ物にも潜んでいる…!?知っておきたい「ダニ」のこと

寝具や布製のソファなどに侵食しやすいダニですが、実は食べ物の中にも潜んでいることがあるので注意が必要です。

「コナダニ」や「チリダニ」といわれ、パンケーキや小麦粉、きな粉や粉ミルクなどに発生します。

アメリカなどでは「パンケーキシンドローム」と呼ばれるアレルギーが出ることでも有名で、粉に付着していたダニを誤って食べてしまったばっかりに、全身けいれんや激しい腹痛や嘔吐で意識不明となり、最悪の場合には死に至るケースもありました。

料理をする際には気を付けながら調理することも大切ですが、粉ものの中でダニが繁殖しないように袋を開封した後は袋の中の温度が上がらないように冷蔵庫などで保存するのが望ましいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  2. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  3. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
  4. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  5. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
PAGE TOP