赤ちゃんはダニに狙われやすい!その理由と効果的な対策とは?

大人の肌は乾燥しがちですが、赤ちゃんの肌は柔らかいためにダニに狙われやすくなります。

赤ちゃんが寝ているときに大人よりも汗をかきやすいことも、理由の一つでダニは人間の脂や垢などを餌にして生息していく習性があり、赤ちゃんが寝ている寝具はダニにとっては過ごしやすい場所になってしまうのです。

繁殖させないための対策としては、寝具を洗濯したり、日干しをこまめに行うことです。

寝具に掃除機をかけることも有効的な手段です。

また、頻繁に行わなくてもよいのですが、高温で布団を乾かすことのできる「布団乾燥機」を利用することで、ダニを生きたままで殺すこともできます。

赤ちゃんは、ダニに刺されると大人よりも症状が出やすくなりますので、そうならないためにも事前に対策をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  2. 防ダニ洗剤のオススメ商品第3位は、アリエールジェルボールタニよけ+レノアです。最近人気のジェルボ…
  3. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  4. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  5. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
PAGE TOP