ダニが皮膚の中で産卵!?疥癬(カイセン)とは?

疥癬(カイセン)は、ヒゼンダニというとても小さなダニが皮膚の中に寄生することによって発症する、かゆみを伴う皮膚の病気のことを言います。

通常疥癬と他人の感染する力が強い角化型疥癬の2種類があります。

通常疥癬で感染をした場合には、潜伏期間が1~2ヵ月ありますが、角化型疥癬で感染した場合には感染力が高いことから比較的早く症状が出始めることが多いと言えるでしょう。

治療法としては、ヒゼンダニを死滅させることを目的といした飲み薬や塗り薬が使われることが一般的です。

塗り薬を使用する場合には、塗り残しがないように通常ケースでは首から下の全身に、角化型ケースの場合には、顔を含めて全身の隅々までしっかり塗ることが大切です。

薬の使い方ややめる時期に関しても医師の指示に必ず従うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. 生命力抜群のダニは、アレルギーの原因にもなり、人によっては鼻炎や喘息などに悩まされることになる厄介な…
  3. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…
  4. ダニ対策は布団の天日干しや、掃除機をかけることだけで十分だと思っていませんか?ですが天日干しや掃除機…
  5. ダニの駆除のために使われるシートの特徴の1つが、置いておくだけなので手軽に実施できるというものです。…

関連リンク

  • リフォーム業者 紹介 無料

    リフォームを成功させる秘訣は…業者選びにあります!失敗すると、高額な費用が発生・外壁の色が違う・塗装がすぐに剥がれた等々。トラブルにもなりかねません。正しく業者を選ぶなら「ゆうネット」へ!評判の良い優良店を、無料で紹介しています。

    ykn.jp/

PAGE TOP