正しい方法とは?ダニ対策に効果的な天日干しを教えます!

ダニは気温25度から35度、湿度は60%以上の環境になると繁殖をしはじめます。

特に布団の場合、適度な湿り気と温度によって繁殖しやすく、布団についている垢やフケはダニのえさとなるので格好の住みかとなってしまいます。

1年を通じて最も繁殖しやすいのは秋であるので、正しい天日干しをして湿り気をなくさなくてはなりません。

ダニ対策の正しい天日干しは、基本的に布団を叩かないこと、適度に裏返しをしてまんべんなく天日にあてることが大切です。

布団を叩くとダニがさらに細かくなり気管支に入りやすくなりますし、同じ面のみを干していると裏の冷たく暗い場所にダニが逃げ込んでしまいます。

ですので布団に黒いビニール袋をかけて温度を高くし、干した前後に掃除機をかけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

  1. ダニはどのような家にも存在しているので、ゼロにするのは不可能なことです。ですがダニの住みにくい環…
  2. ツツガムシはダニの仲間で、日本ではこれまでに約100種類が確認されています。幼虫の時にのみ哺乳類…
  3. こまめに床や畳に掃除機をかけたり、寝具を日干ししていても高温多湿の環境になりやすい梅雨の時期などには…
  4. ダニの中でも、マダニは口で刺して寄生主の肉に食い込んだのち、セメント状の物質を流し込んで位置を固める…
  5. ダニに噛まれた後はしつこい痒みがあり、個人差はありますが痒みが長引く可能性もあったり、痕が残る場合も…

関連リンク

  • コスメディ製薬

    肌を通じた薬剤投与について研究し続けている『コスメディ製薬』。従来のマイクロニードル技術をさらに発展させた「溶解型マイクロニードル」は、乾燥した肌や硬い頭皮の奥にまでしっかりアプローチしてくれるとして高く評価されています♪

    cosmed-pharm.co.jp/

PAGE TOP